ディズカバー!奈良
< 第96回へ
第97回 2019年01月10日掲載
古代も近代もドラマチック ―― 奈良市の黒髪山


明治時代に掘られた黒髪山トンネルは、今は県道となり上に黒髪橋が架かる。=いずれも奈良市で

 奈良市の奈良ドリームランド跡地や、その北側の丘陵は古来、黒髪山と呼ばれてきました。小高い所に黒髪山稲荷神社があります。
 山名には悲話が伝わります。第11代垂仁天皇の皇后だった狭穂(さほ)姫は兄の狭穂彦が謀反を起こした時、皇子を出産。狭穂姫は皇子を天皇方に渡して逃げようとし、追っ手に捕まらないよう髪を切り、この山に埋めたといいます。
 神社近くに宮内庁管理の那富山墓(なほやまぼ)があります。後に基(もとい)王と呼ばれた聖武天皇の皇子が728(神亀5)年に早世して葬られたといわれています。静かな中に天皇らの悲しみが伝わってくるようです。
 時は下って明治時代、京都府南部と奈良を結ぶ「大仏鉄道」の建設で、1898(明治31)年に長さ86㍍の黒髪山トンネルが掘られました。しかし、急坂の難所のためわずか9年で廃線。1966(昭和41)年ごろ、道路拡張で切り通しとなり、トンネルは姿を消しました。
 興味深い歴史に彩られた黒髪山、気軽に訪ねてみませんか。


【奈良まほろばソムリエの会理事 久門たつお】



基王の墓所の那富山墓

■メモ■

JR奈良駅西口・近鉄奈良駅から加茂駅方面行きバスで「奈保町」下車。停留所南の黒髪橋の下が黒髪山トンネル跡。黒髪山稲荷神社へはトンネル跡南西側の那富山墓石柱を目印に上る。
ディスカバー!奈良トップページへ
COPYRIGHT (C) 奈良まほろばソムリエの会 ALL RIGHTS RESERVED.