6月 花筏

花筏(はないかだ)は国内各地に自生する落葉低木で、県下でもあちらこちらの山麓で見ることができます。ツキデノキ、嫁の涙(よめのなみだ)の別名でも知られています。葉っぱの上に花が咲いて、6月には実が突起状にふくらみます。この姿の不思議さ、美しさはたとえようもありません。貝原益軒は「ツキデノキ(花筏のこと)、灌木なり・・・食うべし、美味なり」と『大和本草』で紹介しました。(雑賀耕三郎)