■2021年  
1月 談山神社 雪の十三重塔
明治維新の際、神仏習合の多武峰は妙楽寺を廃して、談山神社として生まれ変わります。境内には、木造の十三重塔をはじめとして幾多の仏教建築が残されました。これらの建物には壁画として、十六羅漢図や飛天図などの仏画が残されています。境内のあちこちで妙楽寺の名残りが見られる、これも談山神社の魅力となっています。(雑賀耕三郎)
2月 大和郡山 盆梅展
「お城の櫓(やぐら)」の中で、梅の花が鑑賞できるという「大和郡山 盆梅展」は、今年も開催されます。市内の愛好家が育て上げた見事な「盆梅」が120鉢も展示されます。郡山城跡の追手門や多聞櫓が会場で、城跡に咲く梅花も合わせて楽しむことができます。(雑賀耕三郎)
3月 東大寺 お松明
東大寺二月堂の修二会は3月1日に始まります。この会式は、行法を行う練行衆の上堂を大松明で先導することから「お松明」とも呼ばれます。コロナ禍のもと、今年は厳しい感染防止対策が取られる中での修二会となります。法会が満行を無事に迎えられますよう、遠くから心を寄せて見守りたいと思います。(雑賀耕三郎)
4月 室生寺の石楠花
女人高野として名高い室生寺の石楠花は、4月下旬には満開となります。鎧坂から金堂、五重塔にかけて咲き競う花は、参詣者の心を和ませます。室生寺は昨秋(令和2年9月)に宝物殿を開館させ、より安全、より身近に拝観できるように変わっています。(雑賀耕三郎)
COPYRIGHT (C) 奈良まほろばソムリエの会 ALL RIGHTS RESERVED.