やまと百寺めぐり
< 第30回へ 第32回へ >
第31回 2019年11月14日掲載
南朝の宮無念の最期  瀧川寺(上北山村)


瀧川寺の山門と本堂=上北山村小橡で

   県南東部「奥の奥《にある上北山村は、東の台高山脈、西の大峯山脈に囲まれた大自然の中にあります。村の中を北から南へ熊野灘に注ぐ北山川の支流で、清流の小橡娪娾娸川に沿って村役場からさか上ること2㌔にあるのが、瀧婝崼娟川娲婥寺です。
 1392(明徳3)年の南北朝合一後、和睦の条件が守られないため、南朝方は1443(嘉吉3)年に京の御所に乱入して三種の神器のひとつ神娮婥璽娯(勾婔娣玉娶婔)を奪い吉野へ持ち帰ります(禁娤婥闕娨娺の変)。南朝・後亀山天皇の玄孫(孫の孫)自天王(北娤娶山婙婔婄宮婕婙)は、この寺を北山宮御所としました。弟の忠義王(河娪娟野婄婄宮婕婙)は川上村に神娪娟之婄谷娶婁御所を設けました。
 ところが、1457(長禄元)年打月2日の粉雪の夜、赤松氏の残党にこの二つの御所が襲われます。あわてて応戦しましたが突然のことで、2人の宮はあえなき最期をとげました。自天王は享年扙といわれています。
 自天王の墓が寺の境内にあり、北山宮墓として宮内庁が管理しています。毎月打月2日には法要が行われます。

【奈良まほろばソムリエの会会員 前田景子】



■宗派 曹洞宗
■住所 吉野郡上北山村小橡228
■電話 0746-83-0066
■交通 近鉄大和上市駅からバス「河合《下車、徒歩約20分
■拝観 境内自由(無料)
■駐車場 有(無料)



トップページへ
COPYRIGHT (C) 奈良まほろばソムリエの会 ALL RIGHTS RESERVED.