参加は事前予約をお願い致します。
日時を確認の上、申込ボタンをクリックして予約フォームへすすんでください。
それぞれの予約フォームのページではお一人ずつ記載して下さい。
個人情報は、名簿作成とソムリエの会からの諸連絡以外の目的では使用しません。
やむを得ずキャンセルされる場合には、キャンセルフォームから送信をお願いいたします。
予約を送信すると内容確認メールがソムリエの会から届きます。
定員になり次第、申込を締め切ります。また、申込は3月8日18時までとさせていただきます。

日時 令和6年3月16日(土)13:00受付開始 13:20~16:50

場所 南都商事セミナールーム
   奈良市大宮町6-2-1 4階
   (近鉄新大宮駅 南へ徒歩1分)
   TEL:0742-34-7830

南都商事セミナールーム
近鉄新大宮駅 南へ徒歩1分

発表者と演題
 山下 裕章さん 『古代の土木』~古代の土木技術と前方後円墳等の築造~
 梅田 加都さん 大和に祀られる出雲神 〜「国譲り神話」に秘められた真実を探る 〜

定員 会員限定70名

参加費 無料

締切は 3月8日18:00(但し定員に達し次第締切)

キャンセルはこちらから
キャンセル待ちではありません

発表概要

山下 裕章

  • 演題
    『古代の土木』~古代の土木技術と前方後円墳等の築造~
  • 概要
    土木は、人類史上最も古くから絶えることのない技術の1つですが、古代の土木においては、未だ不明な点が多いのが現状です。ここでは、古代の土木構造物がどのようにして造られたのか、また前方後円墳がどのように設計され、造られたのかの研究事例等を紹介するものです。主な内容は古代の土木構造物、古墳時代の土木技術、前方後円墳の築造と設計、大仙古墳(仁徳天皇陵)の建設、石舞台の再現実験、満濃池と狭山池の築造 等です。

梅田 加都

  • 演題
    大和に祀られる出雲神 〜「国譲り神話」に秘められた真実を探る 〜
  • 概要
    大和国一之宮 大神神社のご神体 「三輪山」に鎮まる神さまが、どうして出雲由来なの?!素朴な疑問から私の古代ヤマトをめぐる旅は始まりました。記紀や古伝に触れ、遺跡をめぐり、深く知れば知るほど、余計にわからなくなる。まるで迷路のような世界を彷徨うこと10年。「欠史八代」期は、出雲族が支配した時代だったのではないか、「出雲と大和の国譲り神話」には真実が包み込まれているのではないか、謎に満ちた黎明ヤマトの世界、古代の迷宮に皆さまを誘います。