ディズカバー!奈良
< 第4回へ 第6回へ >
第5回 2017年02月09日掲載
竹の寒干し ―― 生駒・高山 冬の風物詩


竹の寒干し=生駒市高山町で

 1月も半ばを過ぎると、生駒市の高山を訪れ「竹の寒干し」の写真を撮る人の姿をみかけます。
 竹の寒干しは、良質の竹を油ぬきし、1〜2月にかけて円すいのように組み上げ、天日干しにする作業です。整然と並ぶ光景は、高山の冬の風物詩として知られています。
 高山の竹を材料として作られるのが「茶筌(ちゃせん)」や「茶道具」などです。これらの竹工芸品は、小刀とやすりを用いて手作業で丹念に作り上げられます。
 茶筌は、室町時代の中期に鷹山城主の次男であった宗砌(そうせつ)が、親交のあった奈良の称名寺ゆかりの茶人村田珠光(じゅこう)から製作を頼まれたのが始まりとされています。以後、今日まで脈々と受け継がれ、高山は全国一の茶筌の産地になりました。
 また、高山竹林園には珍しい竹や笹(ささ)が約50種類も植えられ、資料館に茶筌の製作実演コーナーもあり、憩いの場としても楽しめます。

■メモ■ 近鉄奈良線富雄駅、または近鉄けいはんな線学研北生駒駅から傍示行きのバスで「上大北」下車、高山竹林園まで徒歩5分。

【奈良まほろばソムリエの会 津山 進】

ディズカバー!奈良トップページへ
COPYRIGHT (C) 奈良まほろばソムリエの会 ALL RIGHTS RESERVED.