ディズカバー!奈良
< 第10回へ 第12回へ >
第11回 2017年03月23日掲載
ちはやふる ―― 斑鳩町の竜田公園


桜の美しい竜田公園=いずれも斑鳩町で

 百人一首「ちはやふ(ぶ)る 神代(かみよ)も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」。詠み人は、平安時代の歌人で六歌仙にもかぞえられた在原業平です。
 最近は人気漫画「ちはやふる」が話題を呼んで、競技かるたを始める方も多いそうです。アニメ化や映画化もされたので、竜田川を知った方も多いかも知れません。
 数ある和歌から藤原定家が選んだ百首の中に、もう一首竜田川が詠まれています。能因法師の「嵐吹く 三室(みむろ)の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり」と、こちらも秋の様子を愛(め)でています。
 時は過ぎ、川の流れも変わりましたが、整備された竜田公園は今も美しく、春には河口近くの三室山で、桜が見事な景色を見せてくれます。業平や能因法師がこの景色を見れば、神代も聞かず(神様も見たことのない)と、桜を詠んでくれるのではないでしょうか。


【奈良まほろばソムリエの会 西川 誠】



在原業平と能因法師の歌を刻んだ碑

■メモ■

三室山へは、JR・近鉄王寺駅より奈良方面行きバスで約5分、「三室山下」下車徒歩10分。竜田公園へは、法隆寺行・国道横田行バスで約8分、「竜田大橋」下車徒歩3分。
ディズカバー!奈良トップページへ
COPYRIGHT (C) 奈良まほろばソムリエの会 ALL RIGHTS RESERVED.